父の日には毎年、高めの日本酒を郵送でプレゼント

父の日に毎年、少し高めの日本酒を贈っています。
あまりお酒に強くない父ですが、ちびちび飲むのは好きで、毎晩、母とその日のできごとを振り返りながら晩酌をしています。仕事をしていた頃はネクタイやらをプレゼントをしていましたが、退職後は全国のおいしいものを味わってほしいという思いでことあるごとにグルメ品を贈っています。父の日は日本酒と決めていますが、私と父は好みが同じなので、実際に飲んでおいしかったものや私が飲みたいと思ったものを贈るようにしています。大きなものだと下手をすると冬場まで残っており、「雪かきで冷え切った体を温めるため」、「寒くて眠れないから」などなど、理由をつけてはちびちび飲んでいるようです。

小さいものでは500円、大きいものやセットだと5000円ぐらいとまちまちです。価格よりも味や見た目で選んでいます。外出先で見つけた酒屋で買ったり、居酒屋で飲んで気に入った銘柄を通信販売で買ったりしています。

遠方に住んでおり郵送しているので直接の反応はわかりませんが、母から聞いた話では「こんなに飲ませて、殺す気かー!」と冗談交じりに言いながら、おいしそうにちびちび飲んでいるそうです。飲みすぎてハイテンションになっているときに、たまに電話がかかってくることがありますが、たいていは泣いています。娘が自分のことを気にかけてくれていることが嬉しくて感動しているとのことでした。母も一緒になってハイテンションになっているので余計に心配になります。

父の日は日本酒を贈ると決めていますが、父も母ももうすぐ70歳になるので、足腰が丈夫なうちに温泉旅行などをプレゼントしたいと思います。そして、旅行先でおいしい地酒を飲んで、また英気を養ってほしいと思います。あとは新しい家をプレゼントしたいところですが・・・もう少し長生きしてもらわないといけなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です